FC2ブログ

迷いの国のxxx HYPER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
|

後悔

大学時代の大恩師、和光信也先生が亡くなられた。
2010年3月9日に亡くなられたとのこと。

全然知らなくて、たまたま調べ物をしていて
知ることになった。

多分、人生で一番勉強した時期、
和光先生が私に教授してくれていた。
あの時ほど、勉強が難しくて、でも楽しかったことはないと思う。

本当に素晴らしい先生で、
紳士で、(英国紳士のようで)
いつもとってもおしゃれで、
スポーツマンで、
でも駄洒落が大好きなおちゃめな面もあって、
時に厳しく、でも、とても優しく学生を指導してくれていた
先生だった。
先生の素晴らしさはとても書ききれないけれど。

図書館情報大学のこともとても愛していて、
大学がなくなって、その後の定年の際、
筑波大学名誉教授になった時、
「図書館情報大学の名誉教授にしてほしいとお願いしたのだけど、
 断られてとても残念だ」
という趣旨のことを話されていた位。

一昨年、暖かくなったら会いましょうと約束をしていたのに、
結局、私がずぼらで会えずじまいになっていて。
肺炎だってことは知っていたのだけれど、
まさか、こんなことになるなんて。

何ていっていいか。
兎に角、悲しくて、そして、
会えなかったことが本当に悔しい。

先生、ごめんなさい。
先生が一生懸命勧めてくれた、大学院に、
家庭の事情で行けなかったこと、
ごめんなさい。

娘みたいにかわいがってもらったのに、
何も恩返しできなくて、ごめんなさい。

卒業後、会いに行くって約束していたのに、
あんまり会いにいけなくて、ごめんなさい。

先生の期待に応えられなくて、
ごめんなさい。

お見舞いにいけなくて、
先生が苦しんでいたこと知らなくて、
ごめんなさい。

会いたいです。

こんなに後悔することって、多分ない。
スポンサーサイト

所感・雑記
| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<電子音の恐怖 | ホーム | 大きくなった。>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。