FC2ブログ

迷いの国のxxx HYPER

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
|

出産をふりかえる

12/4に無事女児を出産いたしました。
はや2ヶ月近くなる訳です。
ちびちゃんは元気いっぱいで毎日過ごしております。

今更だけど、出産時のお話。長いので畳みます。


予定日は11/29でした。
その週の頭に、「12/5と6にそちらに伺いますー」と
旦那のご両親からご連絡を戴き。
その時は「間に合うんじゃないかなぁ」と気楽だったのですが‥

予定日を過ぎても産まれず。
おしるしとかもなくて、焦り始めました。
北海道から来て戴くのに、産まれてなかったらどうしよう‥
これは階段から落ちるとかしないと駄目か、とか思いました(笑

12/1に検診があり、
「子宮口1cm位?もう少しだね」
っていう感じでした。
その日に早く生まれますように、と、
子宮口をぐりぐりされる「おまじない」をうけました。
これ、すごく痛かったです。
でもその日の夜におしるしが始まりました。
これで明後日くらいには産まれるか、と思ったのですが。

そう、あとは予定日過ぎたあたりから、
夜になると定期的にお腹が張る、いわゆる前駆陣痛というのがありまして。

12/3の昼間にこの前駆陣痛が10分おきになった(気がした)ので
再度病院へ行ってみたら、
NSTの計測で、まだ間隔がまばらだったので、
「まだですね、帰ってください」と、家に帰されました。

本当に間に合わないかも‥と諦めかけ、
ひとりで結構落ち込んでいた12/4の夕方16時頃、
お腹の中で「ぽんっ!」という、今までにない軽い音がして、
あれ?と思いちょっと歩いたら、
何だかじょぼじょぼっと液体が漏れた感じがしまして。
お手洗いで見てみたら、
うっすーいオレンジ色っぽい液体がすこし出ていました。
これが世に言う破水?いやいや、違うかも。
と、もう少しまた歩いてみるとやっぱり少し液体が漏れてる。
この時は流石にどきどきしてました。

でも母親とのんびり話しながら病院に向かっている時には
もうあまり緊張してなかったような‥

病院に着いて、
「ああ破水ですね、でもまだ子宮口1cm。とりあえず陣痛室へ」
となって、NSTつけてもらって、母親と談笑。
金曜日の総回診(先生方が集団でぞろぞろ回ってくる)で、
先生方とも談笑。「まだ子宮口1cmだし、明日になりそうだねー」
といった感じ。

でもこの頃には、陣痛の間隔が10分じゃなくて5分とかになりつつありました。
旦那が病院についた18:30頃には、陣痛もかなり激しく。
ベッドの上で寝たり、起き上がったり、相当苦しみました。
旦那は最初そんな姿に笑っていましたが(笑。
先生方は明日になりそうって言うし、
母親に「いったん帰っていいよ」と言ってみたり、
おにぎりを食べてみたり。
その時には陣痛と陣痛の間に一個おにぎりを食べられない位、
間隔が狭くなってました。

うーん。陣痛って最初10分間隔で、1分間って聞いていたのに、
こんなに間隔短くて、痛いのが長いのが一晩続くのは
耐えられないかもなぁ‥と思い始めていたら、
ばしゃっと沢山破水した感じがしたので、
痛みをこらえながら自力でお手洗いへ。

で、お手洗いの中で痛みの余り動けなくなってしまい、
ナースコール。車椅子で分娩台に運ばれました。
そしたら、子宮口9cmのほぼ全開。
あっという間に進んでいたみたいで。
そのまま10回位、横向きでいきんで、
すぐ出産となりました。

赤ちゃんが産道にいる途中、何回か脈が遅くなり、
酸素吸入したりしましたが、
頭が出た途端、凄い声で泣いていました。
助産師さん曰く、「この子は生まれる前から泣いていたみたいね」だそうで。

結局、自宅で破水してから、4時間10分でのスピード出産となりました。
病院にいたのは3時間くらいだし、辛かったのは2時間くらいだったのかも‥。
安産の定義ってよくわからないですが、
短時間、母子共に元気、というのなら、間違いなく安産でした。
みなさんに感謝です。

笑ったのは、頭が見えた時、
助産師さんが「あら、この子頭真っ黒黒ですよ」
って言ってくれた時。そう、うちのちびちゃんは、
生まれた時から髪ふっさふさだったんです。

その後の入院の話は別にするとして。
出産させてもらった病院は、本当にいいところでした。
大学病院だから、産院みたいに豪華な食事が出るわけでも、
設備が豪華なわけでもなかったけれど、
助産師さんや先生といったスタッフの方々が
とにかく親切で、沢山いて、
いつでもどんなことがあってもちゃんと対応してくれて、
とても丁寧に説明してくれて、
本当に何の不安もなく出産とその後の入院を過ごすことが出来ました。
これ以上ないってくらい、素晴らしいところでした。
正直、子宮筋腫や双角子宮などの持病があったから
この病院にくるまでは心配なことがいっぱいありましたが、
ここへ来て、先生方や助産師さんが本当に親切で、不安がなくなりました。
(前かかってた病院は、混んでいたせいもあってか、
先生が本当に冷たくて、ひどいことも結構言われました)
よかったです。

しかし‥
安産だったとはいえ、やっぱり相当痛かったので、
もう二度と出産はごめんだよ(笑)って
今は思っていたりします‥

スポンサーサイト
妊娠中の出来事・出産
| コメント:0 | トラックバック:0 |
<<母乳。 | ホーム | 夕食と朝食の献立に悩む>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。